新年度を迎えた学校の様子

 4/5 入学式。担任の先生との出会い。これから楽しい小学校の生活が始まります。よろしくお願いします。



PTA作業 ありがとうございました

 5月12日(土)にPTA作業が行われました。今年は、「新校舎に岩小の魂を吹き込むver.2」に向け、 昨年つくっていただいた花壇の整備に加え、図書館西側にも花壇を作っていただきました。また、新校舎の教室や廊下、 昇降口などの窓をすべてきれいに磨いていただきました。おかげさまで、学校の潤いと明るさがさらに増し、 気持ちのいい生活を送ることができています。作業をしていただいた皆さん、本当にありがとうございました。
 5月12日(土)PTA作業にて。昨年つくって いただいた花壇に、6年生が花を植えました。 これも伝統になっていきそうです。


音を楽しむ〜校内音楽会〜

 金管愛好部は、3曲を披露してくれました。限られた練習時間の中で、しっかりと演奏の技術を向上させてきました。
 PTAコーラスのみなさん、今年もありがとうございました。多くの方に参加していただき、みんなで音楽を楽しむことを実践していただきました。


プール開き 〜水泳の学習が始まりました〜


5,6年生がきれいに
プール掃除をしてくれました。

校長先生と3つの約束を しました。「体を鍛える」、 「先生の注意を守る」、 「感謝の気持ちを持つ」。 しっかり守りましょう。

 6月25日(月)、プール開きが行われました。昨年度完成したプールを使っての学習が始まりました。 本年度は初めてプールサイドに全校が集い、プール開きを行いました。ちなみに、この新プールの掃除を行ったのも初めてでした。新しいきれいなプールで、 安全に楽しく水泳の学習に取り組みたいと思います。


1学期、たくさんの学びがありました

 クラブの学習も始まりました。地域の皆さんから教えていただき進めていく本校のクラブ活動ですが、今年も9つのクラブが発足できました。 こちらは郷土料理クラブの様子です。講師の方に見守っていただきながら、真剣な表情で調理に挑戦しています。どのクラブも、進んで取り組む姿が見られます。
 岩村田伝統のお神輿。祇園祭の前日7月13日に、今年も児童昇降口の前でお練を披露していただきました。目の前を練り歩くお神輿の迫力に、子どもたちは大喜びでした。 暑い日でしたが、その暑さを吹き飛ばすほどの熱気にあふれたお神輿でした。地域の伝統を伝えてくださり、ありがとうございます。


笑顔あふれる「ふれあい楓まつり」
 ありがとうございました

     
 ふれあい広場では、「木工教室」「割り箸でっぽう」「ダンス」「勾玉作り」「実験教室」の各講座に講師の先生方をお迎えして、貴重な体験学習をさせていただきました。活動に引き込まれた子ども達です。
 今年は本部企画として、熱気球の体験教室がありました。ゴンドラに乗り、実際にバーナーを操作させてもらいました。貴重な、ワクワクする体験をありがとうございました。
 恒例の模擬店。PTAの方の準備のおかげで、子ども達は大いに楽しむことができました。また、今年は、5年生、6年生が総合の学習で育てた野菜を、 「情熱ジャガバタ」「ひまわりや焼トウモロコシ」として出店しました。たくさん買っていただくことができました。楽しみながら、学ぶ場でもあり、活動の広がりを感じました。


スマイルで心を一つに みんな輝く 運動会

 開会式、校長先生のお話を受けて、元気にスタート!
 1年生、初めての運動会で、元気いっぱいに玉入れに挑み、かわいいダンスも披露してくれました。
 2年生の「よさこい鳴子おどり」。揃いの法被に身を包み、手には鳴子を持って踊ります。息を合わせ、動きを合わせて、見事に踊りました。
 1年生、初めての運動会で、元気いっぱいに玉入れに挑み、かわいいダンスも披露してくれました。
 4年生の「エイサー〜島人ぬ宝」。手に持った太鼓を打ち鳴らしながら見事にそろった動きで表現しました。
 かっこいい団長さんのリードで、応援合戦!!
 5,6年生の組体操では、「成長した私たち」というテーマを見事に表現してくれました。 動きの一つ一つに、一人一人の「創り上げよう」という思いが感じられ、その思いが一つに なり、会場全体が感動に包まれました。


10月3日に、全国学調分析研修を行いました。
職員も学んでいます。

  
 毎年恒例の「見守り隊感謝の会」。
 4月に行った全国学力学習状況調査の結果を分析し、それをもとに、どのような授業を目指せばよいのか意見を交わしました。下に示したように、職員みんなで取り組むことを決めだしました。
○子どもの意欲関心から授業を改善していく。
○調べ方とまとめ方の視点を分かりやすく示す。
○対話的活動の時間を確保する。
○かかわり合いの中で,友達同士教え合って,できない・分からないことを減らしていく。
○多様な資料や条件下で、実験考察する場面をさらに多く設定する。
○具体物の操作や身の回りのグラフや図などを使って日常の事象と関連付けて取り組む。
○授業を日常生活とつなげ、算数的な感覚を高める。

これらを実行し、分かる授業、楽しい授業を目指していきます。
直線上に配置
本年度の実践